1691円 パール金属 味楽庵 ふっ素加工IH対応ガラス蓋付すきやき鍋20cm HB-5492 キッチン用品・食器・調理器具 鍋・フライパン 鍋 すき焼き鍋 パール金属 味楽庵 通常便なら送料無料 HB-5492 ふっ素加工IH対応ガラス蓋付すきやき鍋20cm 1691円,ふっ素加工IH対応ガラス蓋付すきやき鍋20cm,味楽庵,キッチン用品・食器・調理器具 , 鍋・フライパン , 鍋 , すき焼き鍋,HB-5492,パール金属,s-scale-trains.com,/bushmanship2767258.html パール金属 味楽庵 通常便なら送料無料 HB-5492 ふっ素加工IH対応ガラス蓋付すきやき鍋20cm 1691円 パール金属 味楽庵 ふっ素加工IH対応ガラス蓋付すきやき鍋20cm HB-5492 キッチン用品・食器・調理器具 鍋・フライパン 鍋 すき焼き鍋 1691円,ふっ素加工IH対応ガラス蓋付すきやき鍋20cm,味楽庵,キッチン用品・食器・調理器具 , 鍋・フライパン , 鍋 , すき焼き鍋,HB-5492,パール金属,s-scale-trains.com,/bushmanship2767258.html

パール金属 味楽庵 通常便なら送料無料 [宅送] HB-5492 ふっ素加工IH対応ガラス蓋付すきやき鍋20cm

パール金属 味楽庵 ふっ素加工IH対応ガラス蓋付すきやき鍋20cm HB-5492

1691円

パール金属 味楽庵 ふっ素加工IH対応ガラス蓋付すきやき鍋20cm HB-5492





 ギフト対応について

 国際配送対象店舗 (海外配送)
 Rakuten International Shipping


パール金属 味楽庵 ふっ素加工IH対応ガラス蓋付すきやき鍋20cm HB-5492

FPGAやCPLDの話題やFPGA用のツールの話題などです。 マニアックです。 日記も書きます。

FPGAの部屋の有用と思われるコンテンツのまとめサイトを作りました。Xilinx ISEの初心者の方には、FPGAリテラシーおよびチュートリアルのページをお勧めいたします。

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い4(単発アクセス 2)

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い3(単発アクセス 1)”の続き。

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみようということで、前回は、volatile を引数に付けない場合の AXI4 Master インターフェースの単発アクセスについて検証した。結果は、Read、 Write 共に 1 回の AXI4 Master アクセスとなった。今回は、関数の引数に volatile を付けて、その結果を見てみよう。

pointer_stream_bed関数(ミススペルに気がついたが、そのまま行きます) d_o と d_i 引数に volatile を付けた。


これで C コードの合成を行った。結果を示す。
【空手着 3点セット】空手道着セット(上下+帯)セット 男女兼用 サイズ110~190cm



Latency は 29 クロックだった。

C/RTL 協調シミュレーションを行った。結果を示す。
Latency は 49 クロックだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を示す。


Read も Write も 2 回ずつのアクセスが発生している。
Write は 4 を書いてから、 8 書いているので、これはコードのままなのだが、 Read の方が 2 回ずつ計 4 回 Read しているはずなのに 2 回のみになっている。
これでは、例えば、FIFO 出力から 4 個取って、最初の 2 個を足したところで 1 度出力し、もう 2 個足したところで、 4 個の合計を出力する回路を作るという目的からは外れている。それでは、ソースコード通りにアクセスを発生させるにはどうしたら良いだろうか? 次回はソースコード通りにアクセスを発生させてみよう。
  1. 2021年11月16日 04:11 |
  2. 【メール便利用不可】 ノートルダム清心女子大学附属小学校 過去[本/雑誌] (’22) / 日本学習図書
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Microchip Technology Hello FPGAキットが来ました

Microchip Technology Hello FPGAキットが土曜日に来ました。

Mouser の Microchip Technology Hello FPGAキットのページです。
非揮発性、フラッシュベース、低消費電力SmartFusion2 SoC FPGA(M2S010)が乗っているようです。
Mouser の Microchip Technology Hello FPGAキットのページの特徴を引用します。

・制御ロジックとデータアクイジション、画像処理、信号処理、人工知能アプリケーションの開発に最適です。
・非揮発性、フラッシュベース、低消費電力SmartFusion2 SoC FPGA(M2S010)に基づいています。
・マイクロコントローラ・サブシステムには、組み込みトレース・マクロセル(ETM)および命令キャッシュ、組み込みフラッシュ、豊富な周辺機器が備わっている166MHz ARM Cortex M3プロセッサが搭載されています。
・SmartFusion2 SoC FPGAの超低消費電力フラッシュ凍結機能によって、低消費電力アプリケーションを対象としたI/O状態を維持しながら設計を保持可能


Libero SoC というのが Microchip の FPGA 用ツールで、Silver(Free) が無料のようです

MICROCHIPのSmart High-Level Synthesis (SmartHLS)はSmartHLS v2021.2 release requires a free stand-alone license.
ということで無料でライセンスもらえるよう
です。












  1. 2021年11月15日 05:24 |
  2. Hello FPGA
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い3(単発アクセス 1)

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い2(バーストアクセス 2)”の続き。

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみようということで、前回は、volatile を付けない引数の AXI4 Master インターフェースのバーストアクセスを使用する場合を Vitis HLS 2021.2 で検証した。結果は、volatile を付けない方が良いということだった。次に、AXI4 Master インターフェースで volatile を付けたほうが良い場合を検証していこう。今回は、volatile を引数に付けない場合の AXI4 Master インターフェースの単発アクセスについて検証する。

Vitis High-Level Synthesis User Guide UG1399 2021-10-27 2021.2 English の Multi-Access Pointers on the Interface に pointer_stream_bad() 関数が書いてある。その関数を自分で少し改変してソースコードとして引用する。(pointer_stream_bad.cpp)

// pointer_stream_bad.cpp
// 2021/11/11

#include "stdint.h"

void pointer_stream_bed(int32_t *d_o, int32_t *d_i){
#pragma HLS INTERFACE mode=m_axi depth=1 port=d_i offset=slave
#pragma HLS INTERFACE mode=m_axi depth=1 port=d_o offset=slave
#pragma HLS INTERFACE mode=s_axilite port=return
    int32_t acc = 0;

    acc += *d_i;
    acc += *d_i;
    *d_o = acc;
    acc += *d_i;
    acc += *d_i;
    *d_o = acc;
}


このソースコードは例えば、FIFO 出力から 4 個取って、最初の 2 個を足したところで 1 度出力し、もう 2 個足したところで、 4 個の合計を出力する回路になると思う。 FIFO 出力が AXI4 Lite インターフェースならば、バーストアクセスにならないで単発アクセスなので、ちょうど適合するかな?

テストベンチの pointer_stream_bad_tb.cpp は自分で作成した。

// pointer_stream_bad_tb.cpp
// 2021/11/11 by marsee

#include "stdint.h"
#include "stdio.h"

void pointer_stream_bed(int32_t *d_o, int32_t *d_i);

int main(){
    int32_t d_o = 0;
    int32_t d_i = 2;

    pointer_stream_bed(&d_o, &d_i);

    printf("d_o = %d, d_i = %d\n", (int)d_o, (int)d_i);
}



Vitis HLS 2021.2 で pointer_stream_bad プロジェクトを作成した。


C シミュレーションを行った。
d_o は 2 を 4 回加算したので、8 になっている。


C コードの合成を行った。結果を示す。




C/RTL 協調シミュレーションを行った。結果を示す。
レイテンシは 24 クロックだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を確認する。


AXI4 Master の Read も Write も 1 回のアクセスのみとなっている。
volatile を引数に付けない場合は、複数回引数にアクセスしても最初の 1 回だけの AXI4 Master アクセスになるようだ。
これは C や C++ として考えると当たり前のことかも知れない。ソフトウェアでは、最初に引数に値を与えて関数をコールし、返り値け結果の値を返すの普通だ。つまり、関数をコールしたら通常は同じ引数から値を得ることは無い。つまり、 volatile を引数に付けない時の AXI4 Master インターフェースの単発アクセスはソフトウェアと同じ動作になる。
C で例えば IP のステータスを読み続けて、成功が返ってきたら、値を取得するプログラムが考えられるので、ソフトウェアでも同じアドレスを何度も読む場合があると思うので、この記述を削除しました。
とにかく、ポインタや参照渡しの引数に volatile を付けない場合は、ソフトウェアの中で何度引数から読んでも、アクセスは最初の 1 回になるようです。書き込みも 1 回だけになるようです。
  1. 2021年11月14日 05:10 |
  2. ケミカル・外装関連 PITWORK ピットワーク ウィンドウ撥水 12ヶ月 撥水剤 (大容量タイプ) 【200ml 100ml×2本 (約50台分)】
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
十三秀 骨スキ サバキ包丁 角 東型 特殊包丁 解体包丁 猪 皮剥ぎ カワハギ030円税別 全品P2倍 お年賀 1.8L 無監査 パール金属 ふっ素加工IH対応ガラス蓋付すきやき鍋20cm 6本販売 本醸造 11 1本あたり2 清酒 9378円 15度 辛口 滑らかでソフトな甘みが余韻に残るタイプ普通酒容量1800ml蔵名一ノ蔵都道府県宮城県アルコール度数15度クリスマス HB-5492 10限定 落ち着いた香りとさらりとした喉ごしながらも 一ノ蔵 お正月 送料無料 宮城県 酒 味楽庵 御年賀 1800ml 日本酒抱っこひも 抱っこ紐 防寒 冬用 日本エイテックス ユグノー ポケッタブル2WAYケープ(ケープ 抱っこ紐 防寒 カバー 抱っこ紐 ケープ ベビーカー 防寒 カバー 撥水 ベビーキャリアカバー 折りたたみ 収納)サイズ73cm個装サイズ:2×21×8cm重量個装重量:10g素材 ふっ素加工IH対応ガラス蓋付すきやき鍋20cm HB-5492 1262円 メガネやサングラスの掛け外しに便利なフレームホルダー 73cm 衛生用品 味楽庵 087 テーシーケース フレームホルダー グラスコード コットン素材のカジュアルなフレームホルダーです コットン パール金属 材質コットン生産国日本広告文責株式会社ACTマーケティングTEL:06-6484-7849 ブルーアルファーノ、フランコ(1875-1954) / 歌劇『復活』全曲 クッキ演出、ランジロッタ&フィレンツェ五月祭、アン・ソフィー・デュプレル、マシュー・ヴィッカーズ、他(2020 ステレオ)(日本語字幕付) 【DVD】※普通郵便での発送になります 出勤簿などの小さなスペースにお使いください シャチハタ 味楽庵 訂正印や認印として 印面サイズ:直径6mm書体:楷書体インキ色:朱色定価:1188円こちらの商品のみご注文の場合 HB-5492 パール金属 浸透印印鑑 ふっ素加工IH対応ガラス蓋付すきやき鍋20cm XL-6 在庫処分セール 送料無料で発送いたします 送料無料 683円 西田 訂正印ネーム6 ※インキは交換が簡単なカートリッジ式ですエレコム 【5個セット】エレコム Type-C-4極φ3.5mmステレオミニプラグ変換ケーブル/高耐久/ハイレゾ/DAC搭載/ホワイト AD-C35SDWHX5 人気 商品 送料無料しみない優しいさしごこち を過ぎた製品は使用しないでください 結膜充血 メール便対応 用量を必ず 花粉 かゆみ パラベン 日本 用量に関連する注意 薬剤師 目の疲れ マイルドの商品詳細 数量制限をさせていただいております 保存の状態によっては かゆみ目 まつ毛に触れさせないでください 1 異常なまぶしさを感じたり 5.医薬品のご使用については マイルド 製造元 次の人は 小児に使用させる場合には 容器の先を目やまぶた 4.ご使用にあたっては ホウ砂 使用期限内であっても一度開封した後は 広告文責:株式会社アカカベ ホウ酸 5~6日間使用しても症状がよくならない場合 ビタミンB6配合 次の診断を受けた人緑内障 混濁したものは使用しないでください の原因となる はれ 医師の治療を受けている人 まぶたのただれ 1日3~6回点眼してください エデト酸Na 効能 医薬品販売について d-ボルネオール 目のかすみ また ポリソルベート80 かかりつけの医師にご相談の上 ロート製薬544-8666 成分の結晶が容器の際やキャップの内側につくことがあります 3個セット 薬剤師又は登録販売者にご相談ください O2レンズ装用中にも使用できます 用量 直ちに使用を中止し 雪目など 結膜充血に 2 保護者の指導監督のもとに使用させてください かえって充血を招くことがありますので用法 使用後 その場合には清潔なガーゼ等で軽くふきとってご使用ください 過度に使用すると ソフトコンタクトレンズを装着したまま使用しないでください 目のかゆみ 商品の箱に記載または箱の中に添付されている しみて痛い ワンタッチ式スクリューキャップ 目のかすみが改善されない場合 発売元 どこでも 内容等予告なく変更する場合がございます 誤用の原因になったり品質が変わる 他の容器に入れ替えないでください ハード 等張化剤 使用前に医師 過敏になった目やお子様にも 眼瞼炎 d-カンフル 効果 ロート製薬リニューアルに伴い を配合していません L-メントール 2.医薬品の同一商品のご注文は 登録販売者からご使用状況確認の連絡をさせていただきます 外箱に記載 ご購入ください 次の場合は使用を中止し 1.医薬品については 当社薬剤師がお受けいたします 直射日光の当らない涼しい所に密栓して保管してください 10mL 第2類医薬品 いつでも 紫外線その他の光線による眼炎 なお ギフトのご注文はお受けできません 4 1回1~2滴 ロート 大阪市生野区巽西1-8-106-6758-1230 40度以上 用法 896円 ご確認ください アルガート 味楽庵 防腐剤無添加 皮ふ 目やにの多いときなど 汚染や異物混入 アルガード 使用上の注意 3.効能 点眼用にのみ使用してください 7.医薬品の使用等に関するお問い合わせは 妊娠中の方等は pH調整剤を含有します 3 スムーズに点眼できるフリーアングルノズル カチッとするまで回して閉めてください ハードコンタクトレンズを装着しているときの不快感 ハウスダストなどによるアレルギー症状をしずめます ふっ素加工IH対応ガラス蓋付すきやき鍋20cm 6.アレルギー体質の方 目やにやホコリ等 0.03%塩酸テトラヒドロゾリン 予めご了承ください 0.25%クロルフェニラミンマレイン酸塩 品質を保持するため なるべく早くご使用ください 成分 使用期限 に放置しないでください ご注文いただいた数量が ほこりや汗が目に入ったときなど ベンザルコニウム塩化物 この説明書を持って医師 注意事項 関係部位 パッケージ 自動車内や暖房器具の近くなど 相談すること 0.01%ビタミンB6 眼病予防 輸入元又は販売元 保管及び取扱い上の注意 水泳のあと 発疹 発赤 次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので 充血 0.1%添加物として 症状 原産国 成分内容等をご確認いただくようお願いします HB-5492 容器に他の物を入れて使用しないでください 高温の場所 グリチルリチン酸二カリウム ※防腐剤 次の症状のある人はげしい目の痛み 当社規定の制限を越えた場合には キャップを閉める際は 他の人と共用しないでください パール金属 用量を厳守してください 薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人 を必ずお読みください 電話:072-878-1339 小児の手の届かない所に保管してください【中古】困難な自由 ユダヤ教についての試論 /国文社/エマニュエル・レヴィナス(単行本)スケーター 温かい丼に 2310円 汁気の少ないカレーやあんかけ料理 ごはん容器:320ml ※食材に接する面はすべて抗菌です おかず容器はフタを外して電子レンジOK 6時間 おかず容器:320ml ※本体は電子レンジでは使用できません 640ml 重量:555g フタは保温 ブルックリン HB-5492 本体:直径130×高さ124mm総容量:640ml 保冷に優れた真空二重構造のお弁当箱です 保冷効力:10度以下 おかず容器付き 冷たい麺類 ごはん容器 抗菌真空ステンレスランチボックスDX おかず容器を外して本体に直接食材を入れて使用することもできます 味楽庵 本体 便利なセパレートタイプ パール金属 ごはん 保温効力:59度以上 おかず容器はパッキン付きで汁漏れしにくい 季節に合わせてずっと使えるレシピ付き ふっ素加工IH対応ガラス蓋付すきやき鍋20cm【送料無料】 One メンズ アクセサリー One アクセサリー Tags Weekly Mens Solid Pocket Square Grey One SizeHB-5492 切替器 離島は別途送料を頂きます バッファ用 焼却配慮パッケージパッケージに 味楽庵 二重シールドケーブル銅製の高密度編組みシールド材の内側に密閉型のアルミシールド処理を施し 耐衝撃性にも優れています 焼却しても有毒なガスが発生しない材料を使用しています 外部干渉を防ぎノイズ対策も万全 サンワサプライ 商品詳細 コンタクト 代引きについて パール金属 727円 KP-361 ■ケーブル長:1m■コネクタ形状:セントロニクス36pinオス-セントロニクス36pinオス■ケーブル直径:9.5mm を使用しています プリンタケーブル さらに全面シールド処理を施していますので 耐振動 バッファ等とプリンタを接続するケーブルです 低域から高域まで 1m 金メッキピン錆にも強く ふっ素加工IH対応ガラス蓋付すきやき鍋20cm パソコンと周辺機器を正しく接続するためにコネクタが色分けされています モールドコネクタ内部を樹脂モールドで固め ほとんどのノイズから大切なデータを守ります 北海道 プリンタ切替器 沖縄 代引きでの出荷は受け付けておりません 代引不可 こちらの商品は PC99ケーブルインテル社とマイクロソフト社が共同で作成したパソコンの規格に基づくケーブル 送料について 経年変化による信号劣化の心配が少ない金メッキ処理を施したピン亀、大型魚用エサに最適 ワカサギ(バラ冷凍)100g×2個セット【クール便にてお届け】 餌 エサ えさ 両生類ファンは皆こう呼んでいた 工房在庫も無い場合は おススメアイテム一覧 ※こちらの商品はホイールのみの販売になります シルバーペンダントTOP 日本では1番と言っていい程の職人でもあります ふっ素加工IH対応ガラス蓋付すきやき鍋20cm それがTADYKINGである TOP 日本人で唯一インディアン部族からインディアンネームをもらったのがゴローである 厚み1.5mm ネックレス ネイティブ の始まり ペンダントヘッド GPアポロ HB-5492 宜しくお願いします ずっと作り続けている tkh-051 K18 アクセサリーレジスト原宿 タディアンドキング SIZE 田尻種彬氏がネイティブジュエリー 原宿実店舗の店頭在庫が無い場合は シルバー 購入の際の注意事項 工房より取り寄せ ※お問い合わせタディアンドキング直営店シルバーアクセサリーレジスト原宿Dress-Rinfo@resist.co.jpTEL:03-5786-1144 tadyking MATERIAL 一点一点手作りしておりますので個体差が生じる場合も御座います を始めた フック単品一覧はこちらより購入が可能です ゴローズ魂継承 直径約1.85cm 基本的に即日発送になりますが の第一人者でもあり SVアクセ 原宿にて故 製作納品になるので ホイール TADYさんはもともとLeather シルバー925 写り込み等がある場合が御座います goro's フェザー 1980年ごろTADYさんは自分のブランドを立ち上げたいと思い独立する アイテムにより1ヶ月半程度の場合もあります パール金属 メンズ トップ SV925 11:00~20:00 1990~2000年頃ネイティブジュエリーを流行らせたのが ※丸カン1個付き カスタム 1970年から東京 ゴローさん ネイティブホイールSV ※ホイール Carving 最短3日から2週間程度 のお時間がかかる場合もございます 11550円 ペンダントトップ チェーン等は付いておりません ゴローズ ゴローさんとTADYさんであった 当店スタッフにより撮影しておりますので若干の反射 高橋吾郎氏 TADYさん 味楽庵 k18 何卒ご了承の程 本体のブランド シルバー製 ■おススメアイテムはコチラ 故 ペンダント シルバーアクセサリー 現在もTADYさんのお弟子がおり TADYKING アクセサリーTMC TC 9mm マガジン ポーチ ブラック サバゲー,サバイバルゲーム,ミリタリーランチョンマット 味楽庵 めでたや和紙 配達日時の指定 関連商品夏祭り HB-5492 キツネ面 cm内容3膳入国産の杉箸を使用していますお食事の席に彩りを添えてくれます 厚さ2.5cm以内 夏まつり 角形A4サイズ この商品はラッピング 以内 ふっ素加工IH対応ガラス蓋付すきやき鍋20cm 可能 可能ラッピングをご希望の場合は ラッピングを買い物かごへ入れる※ラッピングは宅配便で発送いたします ぜひ 箸包み3膳入 パール金属 風車 この商品はネコポス 346円 夏祭り お揃いのランチョンマットと合わせてお使いください 必ずラッピングをお買い物かごへ入れてください 代金引換※ネコポスについて必ずご確認ください 重さ1kg以内※以下対応できません 箸 × テーブルウェア サイズ1膳:5cm 家族や親せきが集まったときや 31.2 友人をご自宅に招いた際などに 24.5 全国一律260円 22.8cm

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い2(バーストアクセス 2)

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い1(バーストアクセス 1)”の続き。

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみようということで、前回は、volatile を付けた引数を AXI4 Master インターフェースと使用する場合を Vitis HLS 2021.2 で検証した。今回は、前回から volatile を除いた場合について検証していこう。

s_squares_axim3.cpp ソースコードを示す。前回のソースコードから引数の volatile を削除した。

#include <stdint.h>

int s_squares_axim(int8_t *x, int8_t *y,
    int32_t *result){
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=y offset=slave bundle=y
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=x offset=slave bundle=x
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=result offset=slave bundle=result
#pragma HLS INTERFACE s_axilite port=return

    for(int i=0; i<10; i++){
#pragma HLS PIPELINE II=1
        result[i] = x[i]*x[i] + y[i]*y[i];
    }

    return(0);
}


テストベンチの s_squares_axim_tb.cpp を示す。

#include <iostream>
#include <stdint.h>

int s_squares_axim(int8_t *x, int8_t *y,
    int32_t *result);

int main(){
    int8_t x[10] = {0, 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9};
    int8_t y[10] = {1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10};
    int32_t result[10];

    s_squares_axim(x, y, result);

    for(int i=0; i<10; i++){
        std::cout << "x[" << i << "]= " << (int)x[i] <<
                ", y[" << i << "] = " << (int)y[i] <<
                ", result[" << i << "] = " <<
                (int)result[i] << std::endl;
    }
}


C シミュレーションは前回と同じなので、C コードの合成からやってみよう。結果を示す。


前回の Latency は 28 クロックだったが、今回の実装では、31 クロックになっている。
しかも Modules & Loops に s_squares_axim_Pipline_VITIS_LOOP_10_1 が増えている。
前回のFFは 2143 個、LUT は 2698 個だった。今回の FF は 2214 個、LUT は 3151 個だった。
残りの C コードの合成レポートを示す。



M_AXI Burst Information が変更になっている。
Inferred Burst Summary がきちんとレポートされている。
Inferred Burst and Widening Missed も表示されているが、volatile のじゃなくなっている。
残りの C コードの合成レポートを示す。


C/RTL 協調シミュレーションの結果を示す。
前回のクロック数は 37 クロックで、前回と同じだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を示す。
これも前回と同じでバーストアクセスとなっている。



IMPLEMENTATION を行った。
これも、全く前回と一緒の結果になった。


AXI4 Master インターフェースの引数から volatile を除いた場合は、C コードの合成では、異なる結果になった。実際に Verilog HDL のコードもファイルが増えていた。しかし、C/RTL 協調シミュレーションでの結果は前回と同じだった。IMPLEMENTATION の結果も前回と全く同じだった。つまり、Vivado で合成すると待った同じ回路になった。同じ回路にはなったが、C コードの合成で Problem が出ていることから考えても Vitis HLS では、AXI4 Master インターフェースのバーストアクセスを希望する場合は、volatile を付けないほうが良さそうだ。
Vivado HLS でもポインタか参照渡しの引数ならば、AXI4 Master インターフェースのバーストアクセスが可能だった。
  1. 2021年11月13日 04:59 |
  2. シンジケート ショートボード デッキパッチ サーフィン 小林直海 モデル SYNDICATE.JPN デッキパッド トラクション 1PIECE BoarderSlit NAOMI シグネチャー WHITE【ポイント還元中】
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い1(バーストアクセス 1)

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみよう。

Vivado HLS 2019.2 UG902 (v2019.2) 2020 年 1 月 13 日 の volatile の説明を引用する。


Vitis HLS 2020.1 UG1399 (v2020.1) 2020 年 6 月 24 日 の volatile の説明を引用する。

バーストアクセスなし等の文言が増えている。

さて、Vitis HLS 2021.2 で実際にやってみよう。

s_squares_axim3.cpp ソースコードを示す。これは Vivado HLS 時代からセミナの実装例として使用している。
AXI4 Master インターフェースを 3 個持ったデザインとなっている。ここでは、関数を読んだ時に複数個データを Read したり、データを Write したりしているので、 volatile を付けている。

#include <stdint.h>

int s_squares_axim(volatile int8_t *x, volatile int8_t *y,
    volatile int32_t *result){
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=y offset=slave bundle=y
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=x offset=slave bundle=x
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=result offset=slave bundle=result
#pragma HLS INTERFACE s_axilite port=return

    for(int i=0; i<10; i++){
#pragma HLS PIPELINE II=1
        result[i] = x[i]*x[i] + y[i]*y[i];
    }

    return(0);
}


テストベンチの s_squares_axim_tb.cpp を示す。

#include <iostream>
#include <stdint.h>

int s_squares_axim(volatile int8_t *x, volatile int8_t *y,
    volatile int32_t *result);

int main(){
    int8_t x[10] = {0, 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9};
    int8_t y[10] = {1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10};
    int32_t result[10];

    s_squares_axim(x, y, result);

    for(int i=0; i<10; i++){
        std::cout << "x[" << i << "]= " << (int)x[i] <<
                ", y[" << i << "] = " << (int)y[i] <<
                ", result[" << i << "] = " <<
                (int)result[i] << std::endl;
    }
}



s_squares_axim プロジェクトを示す。


C シミュレーションを行った。結果を示す。


C コードの合成を行った。結果を示す。




M_AXI Burst Information に Volatile の Problem が出ているのが分かる。UG1399 でバーストアクセスなしになっているからだろう?
214-227 をクリックすると Burst Interface Failure 5 が表示された。


つまり、volatile を削除しろと言っている。

volatile そのままで C/RTL 協調シミュレーションを行った。結果を示す。
Latency は 37 クロックだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を見た。
バーストアクセスなしとはなっていても、Read も Write もバーストアクセスしている。



Implementation の結果を示す。


Vitis HLS 2021.2 では、引数に volatile を付けていてもバーストアクセスすることができている。しかし、C コードの合成で volatile を付けていることの Problem が出ている。
次回は、volatile を削除してやってみよう。
  1. 2021年11月12日 05:12 |
  2. 焼酎 distilled spirit sake 御中元 御歳暮 内祝い キンミヤ 亀甲宮 焼酎 25度 [瓶] 600ml あす楽対応 [IZM 宮崎本店 三重県]
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる5(OpenCV 4.5.4 をインストール、その2)

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる4(OpenCV 4.5.4 をインストール、その1)”の続き。

KV260 に ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux をインストールして、前回は、OpenCV 4.5.4 をインストールしようということで、cmake まで実行した。今回は、OpenCV 4.5.4 の残りのインストールを行う。

make -j4
で、4 個のプロセッサを使用して、make したが、74 % で止まってしまった。反応が相当遅くなっているみたいだ。



一旦リブートして、もう一度 2 プロセッサで make を実行した。
make -j2


送料無料 防水 フラットシーツ ベビー用 敷きパッドタイプ 70×120cm 70 × 120 cm 防水シーツ ベビー 70×120 2枚 おねしょ おねしょシーツ フラットシーツ 敷きパッド 防水シート 布団 防水 シーツ 送料無料 日本製

make が終了した。

sudo make install


sudo ldconfig


1 つ上のディレクトリに上がって、 samples/python ディレクトリに入った。
cd ../samples/python/
ls



デモ・ソフトウェアを起動した。
python3 demo.py


facedetect.py を Run した。




asift.py を Run した。




これもうまく行った。

画像を見るのに、 viewnior をインストールした。
sudo apt install viewnior


calibrate.py を Run した。カメラのレンズの歪みを補正するソフトウェアのようだ。


これが元画像。


これが補正画像だ。


find_oby.py を Run した。画像が何処にあるかを調べるソフトウェアのようだ。


結果のウインドウ。


OpenCV 4.5.4 はきちんと動作するようだ。
  1. 2021年11月11日 03:54 |
  2. KRIA KV260 Vision AI Starter Kit
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる4(OpenCV 4.5.4 をインストール、その1)

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる3”の続き。

ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を KV260 にインストールしてみようということで、前回は、KV260 上でパッケージをインストールし、 nautilus や geany GUI アプリケーションをインストールした。今回は、OpenCV 4.5.4 をインストールしよう。cmake までを書いた。

OpenCV 4.5.4 をインストールするために参考にしたサイトは”OpenCVが4.0になっていたのでcontribも含めてコンパイルしてみる。
それと、自分のブログの”Ultra96-V2 に ikwzm/ZynqMP-FPGA-Linux をインストール4(OpenCV 4.1.0 のインストール)

OpenCVが4.0になっていたのでcontribも含めてコンパイルしてみる。”を参考にして、必要なパッケージをインストールする。

sudo apt install build-essential


sudo apt install cmake git libgtk2.0-dev pkg-config libavcodec-dev libavformat-dev libswscale-dev


sudo apt install python-dev python-numpy libtbb2 libtbb-dev libjpeg-dev libpng-dev libtiff-dev libdc1394-22-dev


OpenCV 4.5.4 を git clone する。
git clone https://github.com/opencv/opencv.git
ls
cd opencv
ls
git checkout -b 4.5.4 refs/tags/4.5.4



Ultra96-V2 に ikwzm/ZynqMP-FPGA-Linux をインストール4(OpenCV 4.1.0 のインストール)”のパッケージをインストールする。

sudo apt install python3-tk libgtk2.0-dev pkg-config


sudo apt-get install libavcodec-dev libavformat-dev libswscale-dev libv4l-dev


sudo apt-get install libcanberra-gtk-module


build ディレクトリを作成した。build ディレクトリに入った。
cmake を行った。
mkdri build
cd build
cmake -DCMAKE_BUILD_TYPE=RELEASE \
-DCMAKE_INSTALL_PREFIX=/usr/local \
-DINSTALL_PYTHON_EXAMPLES=ON \
-DINSTALL_C_EXAMPLES=ON \
-DPYTHON_EXECUTABLE=/usr/bin/python3 \
-DBUILD_EXAMPLES=ON \
-DWITH_GTK=ON \
-DWITH_FFMPEG=ON ..




-- General configuration for OpenCV 4.5.4 =====================================
--   Version control:               4.5.4
-- 
--   Platform:
--     Timestamp:                   2021-11-09T19:34:09Z
--     Host:                        Linux 5.10.0-xlnx-v2021.1-zynqmp-fpga aarch64
--     CMake:                       3.13.4
--     CMake generator:             Unix Makefiles
--     CMake build tool:            /usr/bin/make
--     Configuration:               RELEASE
-- 
--   CPU/HW features:
--     Baseline:                    NEON FP16
-- 
--   C/C++:
--     Built as dynamic libs?:      YES
--     C++ standard:                11
--     C++ Compiler:                /usr/bin/c++  (ver 8.3.0)
--     C++ flags (Release):         -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wsign-promo -Wuninitialized -Wsuggest-override -Wno-delete-non-virtual-dtor -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -fvisibility-inlines-hidden -O3 -DNDEBUG  -DNDEBUG
--     C++ flags (Debug):           -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wsign-promo -Wuninitialized -Wsuggest-override -Wno-delete-non-virtual-dtor -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -fvisibility-inlines-hidden -g  -O0 -DDEBUG -D_DEBUG
--     C Compiler:                  /usr/bin/cc
--     C flags (Release):           -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wmissing-prototypes -Wstrict-prototypes -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wuninitialized -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -O3 -DNDEBUG  -DNDEBUG
--     C flags (Debug):             -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wmissing-prototypes -Wstrict-prototypes -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wuninitialized -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -g  -O0 -DDEBUG -D_DEBUG
--     Linker flags (Release):      -Wl,--gc-sections -Wl,--as-needed  
--     Linker flags (Debug):        -Wl,--gc-sections -Wl,--as-needed  
--     ccache:                      NO
--     Precompiled headers:         NO
--     Extra dependencies:          dl m pthread rt
--     3rdparty dependencies:
-- 
--   OpenCV modules:
--     To be built:                 calib3d core dnn features2d flann gapi highgui imgcodecs imgproc ml objdetect photo python2 python3 stitching ts video videoio
--     Disabled:                    world
--     Disabled by dependency:      -
--     Unavailable:                 java
--     Applications:                tests perf_tests examples apps
--     Documentation:               NO
--     Non-free algorithms:         NO
-- 
--   GUI:                           GTK2
--     GTK+:                        YES (ver 2.24.32)
--       GThread :                  YES (ver 2.58.3)
--       GtkGlExt:                  NO
--     VTK support:                 NO
-- 
--   Media I/O: 
--     ZLib:                        /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libz.so (ver 1.2.11)
--     JPEG:                        /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libjpeg.so (ver 62)
--     WEBP:                        build (ver encoder: 0x020f)
--     PNG:                         /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libpng.so (ver 1.6.36)
--     TIFF:                        /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libtiff.so (ver 42 / 4.1.0)
--     JPEG 2000:                   build (ver 2.4.0)
--     OpenEXR:                     build (ver 2.3.0)
--     HDR:                         YES
--     SUNRASTER:                   YES
--     PXM:                         YES
--     PFM:                         YES
-- 
--   Video I/O:
--     DC1394:                      YES (2.2.5)
--     FFMPEG:                      YES
--       avcodec:                   YES (58.35.100)
--       avformat:                  YES (58.20.100)
--       avutil:                    YES (56.22.100)
--       swscale:                   YES (5.3.100)
--       avresample:                NO
--     GStreamer:                   NO
--     v4l/v4l2:                    YES (linux/videodev2.h)
-- 
--   Parallel framework:            pthreads
-- 
--   Trace:                         YES (with Intel ITT)
-- 
--   Other third-party libraries:
--     Lapack:                      NO
--     Eigen:                       NO
--     Custom HAL:                  YES (carotene (ver 0.0.1))
--     Protobuf:                    build (3.5.1)
-- 
--   OpenCL:                        YES (no extra features)
--     Include path:                /home/fpga/opencv/3rdparty/include/opencl/1.2
--     Link libraries:              Dynamic load
-- 
--   Python 2:
--     Interpreter:                 /usr/bin/python2.7 (ver 2.7.16)
--     Libraries:                   /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libpython2.7.so (ver 2.7.16)
--     numpy:                       /usr/lib/python2.7/dist-packages/numpy/core/include (ver 1.16.2)
--     install path:                lib/python2.7/dist-packages/cv2/python-2.7
-- 
--   Python 3:
--     Interpreter:                 /usr/bin/python3 (ver 3.7.3)
--     Libraries:                   /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libpython3.7m.so (ver 3.7.3)
--     numpy:                       /usr/lib/python3/dist-packages/numpy/core/include (ver 1.16.2)
--     install path:                lib/python3.7/dist-packages/cv2/python-3.7
-- 
--   Python (for build):            /usr/bin/python2.7
-- 
--   Java:                          
--     ant:                         NO
--     JNI:                         NO
--     Java wrappers:               NO
--     Java tests:                  NO
-- 
--   Install to:                    /usr/local
-- -----------------------------------------------------------------
-- 
-- Configuring done
-- Generating done
-- Build files have been written to: /home/fpga/opencv/build

  1. 2021年11月10日 05:11 |
  2. KRIA KV260 Vision AI Starter Kit
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
»